ナースを志している人へ - ナースのお仕事と転職活動

ナースを志している人へ

近年増加傾向にある、ナース=看護師を志す人々。
一般企業への就職活動はなかなかに門戸が狭く、就職活動が本当に大変だと言われています。
しかし看護師の求人は過疎地へ行けば行くほど増加傾向にあり、又、一度手にした資格で一生働き続けることができるというのがその強みでもあります。

TVや漫画などでもナースを題材にしたお話はたくさんありますし、日本を襲った災害などでもナースの活躍ぶりには目を見張るものがあり、多くのメディアで取り上げられました。
それらの側面からも、ナースを志す子供たちや若者が増え、中にはある程度の社会経験を積んだ人でさえも改めてナースを目指して勉強されているという状況があります。
『人を助ける・守る仕事』に興味を持つ人が増えているという、何よりの証拠だと考えることができます。
ですが、やはり『憧れ』だけで務まるほど、楽なお仕事ではなく、ナースの仕事はいわゆる『3K』と呼ばれるものだというのが実情でもあります。

看護師になるためには専門の養成施設や大学にて看護師になるための勉強をし、国家試験に合格をして免許を得ることが第一条件になります。
その種類も准看護師と看護師の違いがあり、学ぶ環境についても昼間学校と夜間学校では通学の年数に違いがあるなど、やはり長い年月をかけて取得する資格になります。
もちろんその中には実習や研修に参加しなければならないこともあり、座学で学ぶだけではなく実際の職場を体験する必要もあります。
それほどまでに大変な思いをして免許を取得する必要がある『ナースのお仕事』です。

いざナースとして就職してから『あれ、思っていたのと何か違う』と失望してしまわないように、志す意味や目的を見失わないように、しっかりと下調べをした上で『憧れの職業』であるはずの『ナース』になるために、しっかりと学んでいきましょう。
このページを読んだナースを志す皆さんが、少しでも参考にしてくれると嬉しく思います。