ナースのお仕事~保育園編~ - ナースのお仕事と転職活動

ナースのお仕事と転職活動 > ナースのお仕事~保育園編~

ナースのお仕事~保育園編~

看護師のお仕事は病棟勤務だけではないということがお分かりいただけたと思います。
そして、実は病棟勤務よりも、企業看護師の方が色々と都合が良いということも。
企業看護師とは、一般的な会社以外にも『保育園』などの機関で務めることも該当します。
特にこれまで小児科などでの勤務を続けてきた、子供が好きな看護師の方にとっては、とても働き甲斐を感じられる天職と言えるのではないでしょうか。

そんな保育園での看護師の仕事ですが、まずは園児の健康管理が第一の業務となります。
子供たちはお互いにウイルスをやったり取ったり。
一人が風邪をひくとどんどん風邪を引いた子供が増えていってしまったりします。
健康管理や衛生管理やをすることで、それらのことを未然に防ぎ、けがや急に具合が悪くなった園児に対しては病院を受診する付き添いや、かかりつけ医による内科検診や歯科検診を親に代わってサポートする仕事もあります。
チェックリストに基づいて衛生自主点検や園児の体調管理に気を配り、施設内全体の清掃や消毒などの衛生環境整備を取り仕切ることなどは、小さな子供を預かるという責任がやはり重くのしかかってくることと思います。

又、このような医療従事者としての仕事を日々こなしていく一方で、子供の相手をすることも大切な業務の一つであると言えます。
一緒になって園児と遊ぶことや、泣いている園児をあやすこと、昼食やおやつなどで食事の介助を行い、必要であれば服薬のサポートをすること。
時には乳幼児に対して授乳やおむつ交換をすることも多々ある仕事の一つです。
年齢が低くなればなるほど、特にゼロ歳児なんかは、保育士の職務内容に大きな違いは無いかもしれません。

小児科で患者として接する時は個別に対応しますが、保育園の看護師は大勢を一度に相手しなければならないため、常に目を光らせて園児の変化を察してそれぞれの事情に対応を求められます。
大変な仕事の中にも、子供を好きという気持ちを以っているのならば、保育園看護師として勤めていくことはベストなのではないでしょうか。