ナースのお仕事~オペ看護師編~ - ナースのお仕事と転職活動

ナースのお仕事と転職活動 > オペ看護師編

ナースのお仕事~オペ看護師編~

病院に勤務する看護師の中でも、病棟勤務とはひと味違う能力や知識、技術が求められるのが『オペ看護師』です。
オペ室の中では医師を的確にサポートし、手術を問題なく進めることにその業務の重きが置かれています。
『手術室看護師』や省略して『オペ看』とも呼ばれている看護師としての職業のひとつになります。

オペ室看護師は、器械出しと外回りが主な仕事であり、また病棟勤務の看護師と比較してより特有の仕事でもあると言えます。
病棟勤務では患者とのコミュニケーションが大いに大切になりますが、その代わりにこのような特有の仕事を行うことになります。
器械出しはよくテレビドラマなどで見かける光景ですが、医師の指示通り又は自身の判断で必要な手術器具を執刀医に渡す役目があります。
ドラマのように単純作業ではなく、開腹出術に20~30本という多種類の器具を使い分け、それも手術の進行が遅れないように、状況を判断して医師から指示が出る前に要求される器具を予測できるような学びが必要となります。
つまり、手術全体の流れを把握しておく必要があるということです。

外回りについては、基本的に麻酔科医の補助をしつつ、看護記録の作成をしていく仕事になります。
ですが、それと並行して急きょ必要となった器械を用意したり、局部麻酔で術中も意識のある患者の気持ちを医師へ代弁することや、痛みを我慢している患者への声掛けなどでその様子を把握している役目があります。

このような仕事の全てがオペ室看護師の仕事となるのですから、やはり気が休まらない難しい職業であると言えます。
又、術後に器械やガーゼが最初と同じ数量であるかを確認することは、患者の体内にそれらを置き忘れるというような医療ミスを防ぐ意味でも、大切なオペ室看護師の仕事になります。

この看護師の特徴として、男性が多いことが挙げられます。
やはり体力的にも精神的にもタフな業務内容でもありますし、冷静に理論的に判断できる看護師を欲していることから、このような現状となっているようです。