ナースのお仕事~手術室編~ - ナースのお仕事と転職活動

ナースのお仕事と転職活動 > ナースのお仕事~手術室編~

ナースのお仕事~手術室編~

それでは続いて『手術室看護師』についてご説明したいと思います。
『手術室看護師』とはどのようなことを担当する看護師のことなのでしょう。
それは簡単に言うと『手術室に配属された医師・患者両方をサポートする』役割を持った看護師のことです。

具体的には『器械出し』と呼ばれる直接介助や『外回り』と呼ばれる間接介助が手術室看護師の業務となります。
よくテレビのドラマなどでの手術シーンでは、医師が『メス』と言えばメスをパシッと差し出すのを目にします。
これは器械出しの一つでもある『医師への手術器具の手渡し』に当たります。
この他、手術器具を用いた疾患部への直接援助、手術器具の判断、滅菌状態の保持などもその業務です。
外回りでは手術前訪問の際の声掛け、術中の体位交換、看護記録の作成、輸血タイミングの指示出し、術後の病棟看護師への申し送りなどがあります。

以上の業務内容鑑みると、一つの手術に対してほぼ全ての状況を把握する能力が必要だということが伺えます。
つまり『手術のスペシャリスト』です。
器械出しの知識は手術時間の短縮に直接的に繋がりますし、外回りでは患者や家族に対するメンタルケアができることが、最も大きなやりがいなのではないでしょうか。
この経験は、もちろん病棟看護師として成長するためにも活きてきますし、看護師としての仕事の幅が広がりその素質を高めることが出来ます。

近年加速の一途を辿る医療現場では、それに比例するように手術の件数も増加傾向にあります。
手術室に看護師は1室に4名配置されているのが望ましいと日本手術看護学会による調べでは伝えられていますが、実際にその状態を安定的に作れる病院は少ないというのが実情です。
近い将来には現在よりも安全で確実な手術を行うためにも、手術室看護師の確保は急務であり、その需要は非常に高まっているとも言えます。

ちなみに手術室看護師になるためには特殊な資格は不要です。
一度病棟勤務の経験をした上で、配属希望を以って配置となるケースが多いようです。