ナースのお仕事~小児科編~ - ナースのお仕事と転職活動

ナースのお仕事と転職活動 > ナースのお仕事~小児科編~

ナースのお仕事~小児科編~

小児科とは、0~15歳までの患者を対象に診療を行う科になります。
その診療科目の区別は無く、あくまでも『年齢』によって区切られていることが特徴です。
これは15歳を境に造りが変わると言われている人間の体は、同じ疾病だとしてもその年齢のボーダーラインで治療の方法が異なることが理由です。
小児科は小児に特化した治療方法の知識や技術が集まることからその科目が作られ、そこで働く看護師は小児に対する幅広い知識を身につけることが可能な診療科であると言えます。

『小児病棟』は小児患者が入院している病棟で、骨折や急性・慢性疾患、先天性疾患などの幅広い疾患を持った患者がおり、看護師は直接疾患に対してのみならず精神的な面でのケアもしていきます。
基本的には、医師の診療介助、発育状態の見極め、急変時の対応、患者と保護者のメンタルケアが手となる業務です。
小児医師が不足がちな現代において、小児科看護師の存在意義は多きなっており、上記のような業務内容よりも更に幅広い知識や技術を求められる病棟もあるようです。

しかしながらその勤務先は外来と病棟だけに限らず、時にはGCU(=継続保育室、回復治療室)、NICU(=新生児特定集中治療室)やPICU(=省に集中治療室)と呼ばれる特殊な医療現場を活躍の場とすることもあります。
PICUにおいては特に心臓疾患などの重篤な患者が入院しており、主とする業務内容に大差はありませんが、より高レベルの専門知識や技術、又、スピーディ且つ正確な判断力が求められるようです。

小児科看護師にとって『判断力』、『観察力』、『保護者とコミュニケーションを大切にする意識』があり、更に『子供を好きという気持ち』がもしかしたら最も大切なものであるかもしれません。
疾患の状態をうまく伝えることは、小児にとって大変難しいことです。
ですがその素直な笑顔や言葉には、医療スタッフが逆に癒されることもあり、それが小児科に務める上での一番の醍醐味であるとも言えるのです。