ナースのお仕事~訪問看護編~ - ナースのお仕事と転職活動

ナースのお仕事と転職活動 > ナースのお仕事~訪問看護編

ナースのお仕事~訪問看護編~

『訪問看護師』とは、病院や診療所、訪問看護ステーションに看護師として在職しており、在宅療養中の患者に対して直接訪問して看護をする職員のことを言います。
1983年に老人保健法の下に『訪問看護』が位置づけられたことにより、その存在が根付いてきたものでもあります。

高齢化が進む現代社会の中、寝たきりや認知症の症状がみられる患者に対してのケアや、体内に管を通している患者さんや、床ずれなどの医療的サポートを必要とする患者さんに対して、訪問看護師は下記のような内容のケアを行うことを主な業務としています。
『体温、脈拍、血圧、呼吸を測定し、病状を観察』、『食事、衛生面、排泄や移動の介助』、『採血、採尿、採便』、『服薬指導・管理』、『メンタルケア』、『家族へのアドバイスや指導』、医師の指示に基づく医療的処置』などが挙げられます。
実際には患者の容態によって多少の違いはありますが、この他にも自宅での終末ケアを望まれた癌などの患者に対しては、家族に対するメンタルケアが大きな業務になってきます。
自宅でゆったりと終末を迎えたいと願う患者は後を絶ちません。
それらの人々や家族にとっては、自宅へ赴いてくれる看護師へは大変感謝されることでしょう。

訪問看護師については、病院訪問看護と看護ステーションが活躍の場として存在しています。
病院の訪問看護師は医師が管理者となり、その指示を受けて看護をしていきます。
しかし訪問看護ステーションでは看護師がその管理者となり都道府県からその指定を受け、病院の訪問看護師は、主治医からの書面での指示を元とする自己の判断で診療や治療を行うことになります。

このような訪問看護師の仕事ですが、看護師の資格さえ持っていればその他の資格は特別必要ありません。
但し、移動を伴う仕事になりますので自動車免許を要する場合や、数年間従事した場合にはその認定資格を取得する権利を持つことができます。
又、この分野においてはまだ看護師が足りてるとは言えず、今後最も注目される職場であると予測されます。