ナースのお仕事~夜勤専従編~ - ナースのお仕事と転職活動

ナースのお仕事と転職活動 > ナースのお仕事~夜勤専従編

ナースのお仕事~夜勤専従編~

通常の看護師の勤務は2交代もしくは3交代のシフト制となっています。
ですが、その他にも日勤のみの勤務があり、逆に『夜勤専従』と言った働き方もあります。
どの勤務体制が良いかは個々の考え方やライフスタイルにもよりますが、ここではあまり耳馴染みのない『夜勤専従』という勤務体制に就いて考えてみたいと思います。

実際に勤務をしている人にとっては、シフト制によって昼夜が入り混じるよりは、夜勤専従看護師の方が仕事がしやすいし生活リズムもつかみやすいということもあるかもしれません。
それほどまでにシフト制による勤務と言うのは、看護師の体力を奪う原因の一つであると言えるのです。
人間の体は通常、朝日を浴びることでリセットされます。
夜寝て朝起きるという生活は人間にとって自然なことであり、それができる時とできない時があるシフト制での勤務はより疲労しやすく、それならばむしろ昼夜が逆転してはいますが夜勤専従のような働き方の方が、リズムが崩れないということです。

ですがやはり夜勤専従は人間の自然な生活に反しているということもありますし、夜勤の労働時間が長くなるほどに睡眠のバランスが崩れ体力的にも辛くなり、睡眠に対するストレスが感じられるようになっていくのです。
又、人数不足に陥りやすい夜間の勤務ですから、仮眠が取れないこともありますし、それどころか救急の患者さんが複数搬送されてきた時には、パニック状態のような様相を呈することもあります。
ある夜勤専従の看護師の方は、そのような状態に陥った日には帰宅後も興奮状態が続き、なかなか眠れないこともあるのだそうです。

もちろん急患の対応だけではなく、入院患者の緊急コールへの対応や、巡回での病状の観察も絶対に必要な業務であります。
これらのことが全て疎かにならないようにするには、やはり日中と差異のない人員体制で仕事を進められる環境が必要と言うことが明白でもあります。
そこで注目されているのが、体力的に余裕のある『男性看護師』の存在だと言われれているのです。